WindowsでもMacでもcanvas テクニカルイラストレーションの作成・編集・共有
HOME >Canvas / 新機能

新機能

最適化されたスピードで起動、ファイルの読み込み、保存を可能としたCanvas X 2017では、そのユニークかつ統合された
デザイン環境により、単純な線画に高度なグラフィック効果を加えることで、わかりやすく説得力のある資料や図面作成を
可能とします。一般的に高い頻度で使用されるツールや機能は、簡単にアクセスできるよう画面プロパティーバー上に表示
されます。自動計測機能の追加やオブジェクトをその場で編集出来る構成により、スムースなワークフローを実現します。


やりたい事が簡単に実現可能で、使いやすさを武器としたCanvas X 2017は、お客様の声をもとにツールボックスの改善も
行われました。

スマートシャッフル

選択したオブジェクトはその境界枠が重なり合っているオブジェクトのみ対象に、1つ前面もしくは背面に移動します。 同じドキュメント上に多数のオブジェクトが存在する場合は非常に便利なツールです。

アノテーションレンズ

簡単にイラストや図形の一部分をレンズオブジェクトとして拡大表示し、注釈として配置することができます。レンズのシェイプ、サイズ、フレームカラー、表示倍率を任意に設定することができます。

右クリックでSprite効果編集

SpriteEffects効果を適用したオブジェクトは、選択しマウスの右クリックでコンテクストメニューを表示することで、編集や削除を適用することができます。

使い勝手のよいマーキツール

マーキーツールで選択した領域の幅や高さの情報は、ステータス情報バー上にその場で表示されます。

自動寸法ツール

オブジェクトを単に選択するだけでオブジェクトの寸法(リニア・角度・面積・周囲・半径・直径)を計測できます。

図形と一体化した影

オブジェクトに追加した影はオブジェクトを変形すると同時に影も変形されます。オブジェクトからの距離や角度、ぼかし度合いや色など自由自在に適用が可能です。

クロスプラットフォーム

Canvas Draw for Macのファイル形式(.cvd)を読み込むことができるようになりました。これによりWindows/Mac間での作業を可能とします。

モード表示アイコン

現在何のモード(テキスト編集・イメージ編集・曲線編集)で作業をしているのかが即わかるよう、現在のモードがアイコンで画面上に明確に表示されます。

処理の最適化

64bit OSにネイティブ対応しパワフルで高い処理速度を持つCanvas X 2017は最適化されたスピードで起動、ファイルの読み込み、保存が可能です。
*32bit OSでの利用を検討頂く場合はこちらを参照ください。

タッチスクリーン対応

Canvas X 2017はタッチスクリーンに対応しています。(タッチして選択、描画、ペイントが可能)指でのズームやパン操作にも対応しています。

ページTOPへ

お問合せ・資料請求