テクニカル・イラストレーション、画像編集、ページレイアウト、プレゼンテーション全てを1つのプログラムに搭載したWindows版総合グラフィックソフト
HOME >Canvas / グラフィックソフト >チュートリアル >基本操作画面・図形の描き方

Cavnas / 基本操作画面・図形の描き方

【基本操作】
基本操作画面本文
【学習内容】
線の描き方
長方形の描き方
円の描き方
曲線の描き方
線、長方形、円、曲線への色の付け方

基本操作画面本文

Canvasの基本操作画面は初心者の方でもスムーズに使いこなせるよう直感的な作りとなっています。
選択したツールに関連するツールがプロパティーバーに表示されるので、多くの操作はプロパティーバー上で完結できます。

プリセットパレット

ツールボックスにあるペンインクまたは塗りインクアイコンをクリックして開くか、そのままドラッグして切り離します。プリセットパレットはインク、ペン、点線、矢印パレットで構成されていて、それぞれのタブをクリックして各パレットを使用します。左下にある[編集]ボタンをクリックすると、カスタマイズした設定をすることが可能です。

スマートツールボックス

Canvasを起動すると、画面左側に表示されます。スマートツールボックスからツールをクリックすると、そのツールに属するツールパレットも自動的に右側に開きます。別の種類のツールが選択されるまではその状態を保つので、毎回ツールパレットにあるツールを選びに行く面倒を省きます。

ズームバー

ドキュメントの表示倍率を設定します。

ドキュメントコントロール

ページやレイヤーを追加したりそれらの間を移動したりすることができます。

ステータスバー

ツール、オブジェクト、座標値などに関する情報が表示されます。

メニューバー

Canvasのコマンドが表示されています。クリックすると表示されるメニューから、コマンドを選択して実行します。

選択したツールに関連するツールがプロパティーバーに表示されるので多くの操作はプロパティーバー上で完結できます。

ツールバー

頻繁に使用するコマンドやツールなどをここにボタンとして登録しておくと、ボタンをクリックするだけでそれらにアクセスできます。デフォルトでは標準セットのコマンドが既に登録済みですが、後で好きなようにカスタマイズすることが可能です。

ガイド

任意に引ける補助線のことで、縦/横ルーラーから線を引き出し、水平/素直方向に線を引くことができます。

グリッド

画面全体に表示させる方眼紙のようなものです。[プロパティーバー]の[グリッド]にチェックを入れると表示されます。イラストをグリッドに吸着( [レイアウト]→[吸着]→[グリッド] )させることもできます。

プロパティーバー

この領域でドロー、テキスト、ペイント等のツールならびにドキュメント設定を操作することが可能です。表示される項目は、スマートツールボックスで選択したツールタイプにより変化します。ツールが何も選択されていない場合は、ドキュメント設定に関連する項目が表示されます。

ダイナミックヘルプ

このウインドウを開くと使用中のツールや選択したオブジェクトに伴う説明が表示されます。

ドッキングバー

ドッキングバーにCanvasのパレットをドッキングして整理することができます。パレットをドッキングバーにドッキングすると、パレットのタブ名が表示されます。タブをクリックするだけで、頻繁に使用するパレットを開くことができるので、スクリーン上のスペースを有効に使用できます。このバーは、レイアウトエリアの右、左、上いずれかの場所に移動することができます。

レイアウトエリア

ファイルを作成すると必ず表示される「作業領域」の事です。用紙に合わせたサイズ以外に、任意のサイズに変更することができます。

図形の描き方

ツールボックスにあるイラストレーション(ドロー)ツールを使って基本となる図形を描いてみます。

線の描き方

ツールボックスにあるイラストレーション(ドロー)ツールを使って基本となる図形を描いてみます。

直線ツールを使って線を描きます

ステップ
  • ツールボックスの直線ツールをクリックする
  • 右側に表示されたツールパレットの直線ツールをクリックする
  • マウスで始点をクリックする
    マウスを押し続けたまま終点までドラッグする

一言コメント

まっすぐな直線を引きたい場合は、Shiftキー(シフトキー)を押しながらマウスをクリックします。

多角形ツールを使って直線で構成された図形を描きます

ステップ
  • ツールボックスの曲線ツールをクリックする
  • 右側に表示されたツールパレットの多角形ツールをクリックする
  • マウスで始点B、次の点C、その次の点Dを次々にクリックする
    クリックする際はマウスを押し続ける必要なし
  • マウスを始点Bに戻してクリックする

一言コメント

Shiftキー(シフトキー)を押しながらマウスをクリックすると、水平、垂直、45°の角度で点をとりながら線を引くことができます。

長方形の描き方

長方形ツールを使って四角形を描きます

ステップ
  • ツールボックスの長方形ツールをクリックする
  • 右側に表示されたツールパレットの長方形ツールをクリックする
  • マウスを押し続けたまま左上から右下方向へ(BからCの方向へ)ドラッグする

角丸長方形ツールを使って角が丸まった長方形を描きます

ステップ
  • ツールボックスの長方形ツールをクリックする
  • 右側に表示されたツールパレットの角丸長方形ツールをクリックする
  • マウスを押し続けたまま左上から右下方向へ(BからCの方向へ)ドラッグする
    ●の箇所にマウスを移動し外側にドラッグすると角がとれた四角形が作成される
    ●の箇所にマウスを移動し内側にドラッグすると角がえぐれた四角形が作成される

円の描き方

楕円ツールを使って円を描きます

ステップ
  • ツールボックスの楕円ツールをクリックする
  • 右側に表示されたツールパレットの楕円ツールをクリックする
  • マウスを押し続けたまま左上から右下方向へ(BからCの方向へ)ドラッグする

一言コメント

正円を描きたい場合は、Shiftキー(シフトキー)を押しながらマウスをクリックします。

3ポイント円ツールを使って円を描きます

ステップ

ツールパレットで3ポイント円ツールを選択した後...

  • マウスで始点B、次の点C、その次の点Dを次々にクリックする
    クリックする際はマウスを押し続ける必要なし

半径円ツールを使って円を描きます

▲プロパティーバー(基本操作画面参照)で数値を入力して
円を作成することもできます

ステップ

ツールパレットで半径円ツールを選択した後...

  • マウスで始点Bと終点Cをクリックする
    クリックする際はマウスを押し続ける必要なし

曲線の描き方

自動曲線ツールを使って曲線を描きます

ステップ

ツールパレットで自動曲線ツールを選択した後...

  • マウスで始点B、次の点C、D、Eを次々にクリックし最後に始点Bをもう一度クリックする
    クリックする際はマウスを押し続ける必要なし

フリーハンドツールを使って曲線を描きます

ステップ

ツールパレットでフリーハンドツールを選択した後...

  • マウスを押し続けた状態でぐるり一周する

線、長方形、円、曲線への色の付け方

線、長方形、円、曲線への色付けはプリセットパレットを使います

ステップ
  • ツールボックスのペンインクをクリックする
    ペンインクはイラストや図形の線に色を付けます
ステップ
  • ツールボックスの塗りインクをクリックする
    塗りインクはイラストや図形の面に色を付けます

プリセットパレット

プリセットパレットはインクアイコン(ペンまたは塗り)をドラッグするとツールボックスから切り離して表示できます

線の色付けステップ

ステップ

直線ツールで線を描いた後...

  • 線を選択する
  • ペンインクから任意の色を選択する

長方形の色付けステップ

ステップ

長方形ツールで四角形を描いた後...

  • 四角形を選択する
  • 塗りインクから任意の色を選択する
  • ペンインクから任意の色を選択する

円の色付けステップ

ステップ

楕円ツールで円を描いた後...

  • 円を選択する
  • 塗りインクから任意の色を選択する
  • ペンインクから任意の色を選択する

曲線の色付けステップ

ステップ

スムーズ多角形ツールで図形を描いた後...

  • 図形を選択する
  • 塗りインクから任意の色を選択する
  • ペンインクから任意の色を選択する

インクの種類

先に色づけしたカラーインクに加えて以下のインクがあります。使用方法は同じです。

パレットアイコンの名称

  • グラデーション

    グラデーション

  • ハッチ

    ハッチ

  • テクスチャ

    テクスチャ

  • シンボル

    シンボル

  • パターン

    パターン

ページTOPへ

お問合せ・資料請求