WindowsでもMacでもcanvas テクニカルイラストレーションの作成・編集・共有
HOME >Canvas / 新機能

Canvas X 2019 J for Windowsとは

Canvas X Windowsが提供する広範なデザイン環境はドロー、画像、テキスト、特殊効果といった機能を利用することで、見た目に わかりやすく説得力のある図面付き仕様書や資料作成を可能とします。インターフェイスの構成は初心者でも簡単にツールや機能へアクセスできる よう操作性を重視した親しみやすい作りとなっています。

地理情報システムファイルに対応したCanvas X GISを利用すると、Canvasのグラフィックやテキスト機能を使用してGISデータをわかりやすく可視化して表示できます。

新機能 (通常版及びGIS版共通)

◆ ビデオチュートリアル

◆ 表ツール

表ツール図

表ツールで行と列からなる表オブジェクトを作成できます。各セルにテキストを入力、セルの背景色を適用、線を部分的に削除、セルの結合等ができます。

◆ 設定ファイル

設定ファイル図

設定ファイルは保存しておくと他の人と共有することができます。組織内で扱うドキュメントやグラフィックを統一したかちで見せるような場合に重宝します。

◆ テンプレートファイル

テンプレートファイル図

あらたなテンプレートファイルが追加されました。

◆ 鏡像(ミラー)

鏡像(ミラー)図

対称軸の始点ポイントと終点ポイントを定めるだけで、鏡像を作成することができます。

◆ スクリプト機能

スクリプト機能図

スクリプト機能が追加されました。処理を自動化するような場合にご利用いただけます。

◆ アノテーション(注釈)ツール

アノテーション(注釈)ツール図

連続する番号、アルファベット、また任意のテキストを入力して注釈を追加することができます。

[ 通常版インターフェース ]

画像をクリックすると拡大表示します。

新機能 (GIS版のみ)

◆ ビデオチュートリアル

◆ 場所による選択(空間検索)

場所による選択(空間検索)図

場所による選択(空間検索)で地図を表示できるようになりました。

◆ ジオプロセッシングツール

ジオプロセッシングツール図

6つのジオプロセッシング機能(クリップ、差、交差、ラインの交差、和、対称差分)により特定のフィーチャーをハイライトし見やすくします。

◆ Geoファイル読込み形式

Geoファイル読込み形式図

OpenStreetMap、GISPKG、 GeoJSON、 SQLightなどの形式に対応しました。

[ GIS版インターフェース ]

画像をクリックすると拡大表示します。

ページTOPへ

お問合せ・資料請求