各種検査装置(モダリティ)から送信されたDICOM画像を保存し、
診断のためにモニタ表示するPACSシステム
HOME >Extage REBIRTH-S (レビルス-S)

ExtageレビルスSタイトル

REBIRTH-Sとは

さまざまな検査画像を効率的に処理/配信するPACS機能に、MWM機能、健診読影機能、レポートサーバー機能をプラス。省スペース性にもコストパフォーマンスにも優れた医用画像サーバー。

■OSにはLinux OSを採用。安定性抜群、動作が軽く堅牢で、高価なハードウェアを必要としません。

■クライアントソフトは、画像参照と紹介用CD作成などの機能を備えたProビューワーと、画像参照に特化したWebビューワーからお選びいただけます。Webビューワーは院内の既存PCでもご利用いただけます。

■心電計などの波形データをMFERデータとして取り込み、表示することができます。

■紹介状などの文書データもそのまま取り込み可能。検査に関連するデータを一元管理できます。

■院内のタブレット端末からJPEG画像に変換した検査画像の参照が可能です。

レビルスS概要図

REBIRTH-Sの特長

ビューワー機能

  • 直観的な操作が可能、どなたでもすぐに使い始められます。
  • 用途に合わせた最適なモニター構成が選べます。
  • 検査リストも画像表示も、自由度の高いレイアウト設定が可能です。
  • 読影を支援する多彩な機能・設定を有しています。
    • 過去画像自動表示設定
    • MPR画像、オブリーク画像、MIP画像作成
    • スライス位置自動同期
    • マルチフレーム動画再生
    • 整形外科向け計測ツールキット
    • 費用対効果の高い簡易マンモビュー機能
  • 紹介用CDの作成、他院CDの取り込みを簡単に行えます。
  • 隣接した電子カルテ端末から検査画像を開く画像連携が可能です。
  • イメージャー、紙プリンターへの出力に対応しています。

※記載の機能はオプション機能を含みます。

健診サポート

  • 予約情報の取り込み・マッチングから、読影、所見入力/確定まで、健診業務をトータルにサポートします。
  • 「異常なしを登録」⇒「次の検査画像を表示」⇒「過去画像の同時表示」をひとつの操作で行えるよう設定するなど、スムーズな連続読影を実現します。
  • 読影画面上に前回の読影結果やコメントを表示。さらに前回所見がある場合には、強調表示やビープ音で読影者の注意を喚起、見逃し防止のセーフティ機能も搭載しています。
  • 読影依頼先にレビルスがなくても、レビルスのレポートフォーマットにレポート入力を行えるオフライン読影機能を備えています。

※記載の機能はオプション機能を含みます。

レポート機能

  • レポートサーバーをレビルス-S自体に内蔵しているため、シームレスな運用はもとより、ビューワー上で過去所見を参照するなど一体型ならでは機能を備えています。
  • 読影依頼機能では読影者を指定できます。
  • 部位ごとにテンプレートの作成が可能です。
  • 選択形式で入力を簡便化した内視鏡専用レポートもご用意しています。

※記載の機能はオプション機能を含みます。

MWMサーバー機能

  • MWMサーバー機能を内蔵していますから、MWM専用にハードウェアをご用意いただくは必要ありません。
  • 装置の振り分け・部位連携を行えます。
  • 上位システムと連携を行わないケースでは、予約の作成も可能です。
  • MWMができない装置は、オーダーと画像をマッチングし紐づけて管理できます。

※記載の機能はオプション機能を含みます。

製品カタログボタン
カタログはこちらから

システム要件

 
サーバー
レビルスProビューワー
レビルスWebビューワー
CPU
Intel Xeonプロセッサ
Intel Core i3プロセッサ
Intel Dual Coreプロセッサ以上
OS
Linux
Windows7またはWindows10
Windows7またはWindows10
メモリ
4GB以上
4GB以上
2GB以上
ハードディスク容量
 (データ用)
4TB以上
ハードディスク構成
 (データ用)
RAID1 / RAID5 /
RAID5+1 / RAID6
光学ドライブ
DVDマルチドライブ
モニター
17インチ以上のカラーモニター
17インチ以上のカラー/モノクロモニター、
スクエア型/ワイド型、
2M/3M/5M

※サーバー及びレビルスProビューワーはシステム販売となります。レビルスWebビューワーは院内の既存PCにインストールできます。

ページTOPへ

お問合せ・資料請求